MixOnline
ニュース詳細

アステラス リンゼス錠、「慢性便秘症」で適応追加申請
アステラス製薬は9月11日、2017年3月から便秘型過敏性腸症候群の治療薬として販売しているリンゼス錠0.25mg(一般名:リナクロチド)の効能・効果に「慢性便秘症(器質的疾患による便秘を除く)」を追加する承認申請を行ったと発表した。

発表によると、プラセボ対照二重盲検並行群間比較のフェーズ3では、日本の慢性便秘症患者186例を、リナクロチド投与群とプラセボ投与群に1:1の比で無作為に割り付け、4週間経口投与した結果、主要評価項目である投与後1週間における自発的な排便(SBM)頻度の週平均値の変化量において、リナクロチド投与群がプラセボ投与群に比べ統計的に有意な改善を示した。その結果に基づいて同社は承認申請した。



最新の国内
厚労省 新名称「革新的新薬創出等促進制度」の制度化をきょう中...
厚労省 AGの薬価見直しルール 0.4掛けの後発品の価格帯に...
厚労省 流通改善で当事者が取り組むGL作成を提案 診療報酬等...
第一三共 再発・進行性胃がんで「DS-8201」のP2開始、...



最新の薬食審・薬価収載
ヤンセン 抗がん剤イムブルビカ、CLLのファーストライン適応...




Copyright © 2009-17 株式会社ミクス