MixOnline
ニュース詳細

アステラス リンゼス錠、「慢性便秘症」で適応追加申請
アステラス製薬は9月11日、2017年3月から便秘型過敏性腸症候群の治療薬として販売しているリンゼス錠0.25mg(一般名:リナクロチド)の効能・効果に「慢性便秘症(器質的疾患による便秘を除く)」を追加する承認申請を行ったと発表した。

発表によると、プラセボ対照二重盲検並行群間比較のフェーズ3では、日本の慢性便秘症患者186例を、リナクロチド投与群とプラセボ投与群に1:1の比で無作為に割り付け、4週間経口投与した結果、主要評価項目である投与後1週間における自発的な排便(SBM)頻度の週平均値の変化量において、リナクロチド投与群がプラセボ投与群に比べ統計的に有意な改善を示した。その結果に基づいて同社は承認申請した。



最新の国内
厚労省WG 高齢者の医薬品適正使用の指針を了承 安全性からも...
日本化薬 パクリタキセルを内包したナノ粒子剤「NK105」、...
LSI、国がん、基盤研 日本人患者の腫瘍組織持つマウスのライ...
塩野義製薬 「健康経営銘柄」に3年連続 選定は1業種1社
参天製薬 社長兼COOに谷内取締役常務執行役員が昇格 4月1...





Copyright © 2009-17 株式会社ミクス